メルラインはどんなニキビタイプに予防効果は高い?

メルラインはどんなニキビタイプに予防効果は高い?

 

こういうニキビ対策製品には個人差がつきものかと思います。

 

でも、そんなアバウトな表現じゃちょっと使うのに不安がありますよね…

 

なので、メルラインがどんなニキビ対策として役立つのか、わたしなりに調べてわかったことを書いていきますね。

 

あなたがメルラインを試すかどうか、その判断として役立ててもらえればと思います。

 

メルラインの効果・効能をチェック!

まず、メルラインのパッケージに書かれている効果・効能を確認すると、こう書かれています。

 

メルラインの効果・効能一覧
肌荒れ・あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・ニキビを防ぐ。油性肌。かみそり負けを防ぐ。日やけ、雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる。肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。皮膚を健やかに保つ。皮膚にうるおいを与える。皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。

 

つまり、メルラインを使うことで上に書かれたような効果が期待できるっていうわけですね!

 

また、メルラインの有効成分には

 

・グリチルリチン酸2K(ニキビの炎症を鎮める)
・水溶性プラセンタエキス(美容に必須の高級保湿成分)

 

この2大成分が配合されています。

 

つまり、メルラインは

 

◆乾燥による毛穴詰まりニキビ
◆炎症による赤ニキビ
◆芯の見えるニキビ(白・黒・赤・黄ニキビ)
◆ニキビ跡(赤みや色素沈着)

 

など、それぞれ抑える効果が高いってことですね!

 

ターンオーバー(肌の新陳代謝)を乱れさせず安定させる効果も高いので、くり返しできやすいニキビ予防対策としても効果が高いと思います。

 

ただし、相当重症なクレーターのニキビ跡になったり、芯の見えないしこりニキビだと効果が実感できないってことに…

 

それに当てはまる方だけは、残念ながら別の方法を考えたほうが良いと思います。

 

逆に、その2点にあなたが当てはまらないのでしたら、メルラインはオススメできます♪