メルラインを効果的に使うために大事な3つのコツ!

メルラインを効果的に使うために大事な3つのコツ!

メルラインを効果的に使うための3つのコツ!

メルラインは保湿成分(プラセンタやヒアルロン酸、コラーゲンなど)が豊富なんですが、
せっかく使うのなら、余すことなくすべて肌に染み込ませたいですよね。

 

メルラインは、使ってみるとたしかに肌への浸透力は高い方ですが、
もっと効果的に使うのなら、もうすこし工夫する必要があると思います!

 

@.ホットタオルで肌を温める&毛穴開き

いわゆるレンジで作れる蒸しタオルのことですが、これも肌に塗る準備としてオススメです。
水を軽くしぼったタオルをレンジで約1分ほど温めてから顔に冷めるまで乗せます。

 

これで毛穴に詰まった汚れを浮かし、洗顔時に落としやすくします。
そのため、ホットタオルは洗顔の前に行うようにしましょう。

 

A.洗顔して清潔な状態にしておく

これはメルラインの公式ページでも書かれていましたが、
洗顔で清潔にした直後のほうが間違いなく良いです。

 

洗顔後は清潔にはなりますが、同時に乾燥しやすくなります。

 

また、洗顔をせずに汚れた状態でメルラインを使うと、
顔に付いた汚れ(余分な皮脂やホコリ、角質など)を、塗り広げてしまうことになります。

 

メルラインを塗る前に、まずはしっかりと肌に塗る準備を整えることが重要です!

 

B.1回分を2〜3度に分けてハンドプレスで重ね塗り

メルラインの1回の使用量は、500円玉大が目安となっていますが、
これを半分か3等分にして、2〜3度分けて同じ場所に塗ると良いですよ!

 

例えば、500円玉大の最初の半分をあごに塗ってから乾いたら、残りの分をもう一度あごに塗る感じです。
そのとき、できる限りハンドプレスでゆっくりと浸透させるイメージを持ってください。

 

ついついササッと塗りたくなると思うんですが、ゆっくりじっくりが重要ですよ!

 

毎日Bは2回は実践して、@〜Aは1日1回を目安に続けてみてください。
きっと肌の潤い具合や、ニキビ予防効果もかなり実感できると思います!

 

※乾燥がひどい場合は、お湯のみで洗顔でも十分です

 

あと、一番大切なことをお伝えします。

 

それは…継続(習慣に)すること!

 

「え?当たり前のことじゃん」

 

と、思うんですが、これが意外と難しいんですよね(^^;)
忙しい現代社会だと、塗り忘れてしまうことってけっこうあるかと思います。

 

でも、スキンケアを疎かにするとなかなか実感しにくくなるので、
なるべく習慣づけられるような工夫をしていきたいところ!

 

忘れないように、洗面台の上にメルラインを置いておくとか、
外出が多いときはメルラインを自宅用と外出用で2個持っておくとか、そういった工夫…

 

それが、ニキビ対策として重要なんじゃないかと思います(^^*)

 

>>逆効果!?メルラインのNGな使い方