メルラインの効果って? 〜意外と勘違いしやすいこと〜

メルラインの効果って? 〜意外と勘違いしやすいこと〜

実はメルラインは…

・市販などにあるニキビ治療の医薬品
・ニキビ対策化粧品・医薬部外品
・自己流で改善
・病院(皮膚科や美容外科)

 

ニキビを治す方法はいろいろあって、自宅でできるニキビケアから病院で本格的に治療してもらうものもあります。

 

メルラインは、ちょうどその『ニキビ対策化粧品・医薬部外品』に当てはまります!

 

たぶん、あなたも、どの方もメルラインは治療に使われるようなニキビ治療薬品だと思っているかもしれません。
でも、実は…

 

医薬部外品であるメルラインには医薬品のような治療能力はないんです。

 

「え…?じゃあこれ詐欺製品ってこと?」

 

って言われれば、もちろん詐欺商品ではないです!
その理由と、医薬部外品の特徴も交えて3つのポイントでご説明します!

 

メルラインはニキビを防ぎつつ肌の調子やキメを整える

@.医薬品は治療目的”、医薬部外品は予防目的”

よく、病院などで処方されるのは医薬品という種類になります。
ニキビ治療薬としてはたぶんメジャーなのは『ディフェリンゲル』かと思います。

 

ニキビ治療としての効果は強めなんですが、その反面使う人のほとんどに副作用が出るのが難点です。

 

逆に医薬部外品っていうのは、作用が緩やかに働くことで、新しいニキビを生み出さないように予防する効果を持っています!

 

直接ニキビには働きかけませんが、ニキビの悪化を防ぐことで間接的にニキビ撲滅の役に立っています。

 

A.医薬部外品は働きが緩やかなので肌への負担が少ない!

医薬部外品は

 

・作用が緩やか
・肌への刺激が高い添加物を使っていない

 

っていう特徴を持っているため、肌が乾燥して敏感になりがちな方にも使いやすくなっています。

 

B.肌を治すのはあなたのターンオーバー(代謝機能)の力

医薬部外品は、新しいニキビを生み出さないのと、肌の調子を整える効果を持っています。

 

つまり、医薬部外品でこれ以上のニキビの悪化を防ぎつつ、あとはあなたの肌のターンオーバー(肌の代謝機能)によってニキビを治していく…それが医薬部外品のスタイルになるんです!

 

簡単にまとめるとこうなります。

 

・医薬品 ⇒ ニキビを治す
・医薬部外品 ⇒ ニキビを防ぐ+肌の調子とキメを整える
・あなたの肌のターンオーバーが上手く働くことでニキビを治す

 

時間はかかりますが、そのぶん安心して使える点や

 

・肌の潤い・保湿
・肌にハリやツヤを与える
・肌をなめらかにする
・肌のキメを細やかにする

 

など、医薬部外品であるメルラインにはいろんな恩恵があるのが魅力なんです!(^^*)