メルラインの前の洗顔は意外と大事?注意する3つの点!

メルラインの前の洗顔は意外と大事?注意する3つの点!

メルラインを使う前は清潔な状態に!

メルラインを続けることはもちろん大事なんですが、その前の洗顔の仕方にも注意が必要

 

洗顔の仕方や回数、どんな洗顔料を使うかでもニキビができてしまうかかなり変わってくるので、あなたがしているいまの洗顔がほんとうに肌に良い(ニキビを治すのに必要)かどうか、改めてチェックしてみてはどうでしょうか。

 

ニキビを増やさないために洗顔に大切なのは洗い方や洗顔料選びはもちろん大事です。

 

でも、それ以上に肌を痛めない・刺激しない”ことが重要です!

 

ニキビができている状態に刺激はNG!

洗顔方法は泡洗顔”!

顔に直接触れずに泡を転がすようにして洗う泡洗顔”はオススメ!
泡洗顔は、文字どおり泡をクッションにして、肌に刺激を与えないようにして洗う方法です。

 

石鹸などを使ってモコモコな泡を作り、顔にパックするように塗りたくって洗う方法なので、肌への負担が少ないです!

 

【劇的泡洗顔】

 

冷水やお湯じゃなくぬるま”湯!

お湯の温度が高いと皮脂が落ちやすくて毛穴を開きやすい。
その反対に冷たい水だと毛穴を引き締める。

 

なので、洗顔のときは熱いお湯がいい!って思うかもしれませんが、それは刺激になってしまい、皮脂を必要以上に落としてしまいます…

 

実は一番良いのはぬるま湯

 

さらに、肌質によってちょうどいい温度があります!

 

■脂性肌(オイリー肌) ⇒ 34〜36℃
■ふつう肌 ⇒ 32〜34℃
■乾燥肌 ⇒ 30〜32℃

 

すこし冷たく感じるくらいぬるい温度がベースなんですが、単純に脂っぽい肌はすこし高めの温度、乾燥しやすい肌は低めの温度っていう考え方になります。

 

ただ、人によってコレだ!っと感じる温度はあるはずなので、この温度の範囲内で、あなたに合う温度を見つけるのが一番ですよ!

 

タオルを使うときは、こすらずにポンポンとやさしく”たたくイメージで水気をとる!

最後にですが、タオルでこするのはNG

 

よくタオルで顔を拭く”という表現がありますが、文字通りにほんとに拭かないように注意してください!

 

まったくなんのメリットもなく、肌に刺激を与えてしまうだけです(^^;)

 

人によってはガシガシ拭かないとなんとなくサッパリしないかもしれません。
でも、顔の水気をとるだけだったらタオルを顔にやさしくのせてポンポンと軽く触るようにすれば十分取れます!

メルラインに合うオススメの洗顔料は?

洗顔料は基本的にそこまでこだわらなくても大丈夫です!

 

・スクラブなどが入っていない
・低刺激なもの
・殺菌剤が入っていないもの(大人ニキビの場合)

 

個人的には圧倒的コスパの良いカウブランドの『赤箱(しっとり)&青箱(さっぱり)』はオススメです!

 

 

価格は1個100円いかないくらいですし、市販でも手に入れられるのでかなり便利♪
ただでさえメルラインでけっこうお金がかかるので、こういうところで節約が大事だと思います。

 

ちなみに、安いからって侮るなかれ!
@コスメでもかなり好評なんです!

 

メルラインの前の洗顔は意外と大事?注意する3つの点!
サイト名:カウブランド _ カウブランド 赤箱 (しっとり)商品情報 −@cosme(アットコスメ)−
URL:http://www.cosme.net/product/product_id/2912189/top

メルラインの前の洗顔は意外と大事?注意する3つの点!
サイト名:カウブランド _ カウブランド 青箱 (さっぱり)商品情報 −@cosme(アットコスメ)−
URL:http://www.cosme.net/product/product_id/2912190/top

 

これできっちりと洗顔して、メルラインを使うのが良いと思います!

 

それと、これにあわせてメルラインの力を100%発揮するための効果的な使い方を参考にどうぞ!